2006年12月18日

ZERO3[es]解約した

赤耳のSIMを試すこともなく解約・・・

約3ヶ月の使用期間(X01HTとの同時運用1ヶ月半含む)で何故X01HTを選んだか?

電話+PDAの融合が高い次元でなされていたから

これに尽きる!

スマートフォンが出る前は「電話+PDAの2台持ちの方が良いだろう」とか「PDAはVGA!」とか「電話は電話!」とか思っていたんだけど、X01HTを使ってみてその考えは打ち砕かれた!

[es]が及ばなかった点、それは電話関連機能(バッテリー持続時間含む)の弱さ

あくまでも主観でしかないけれど「不安を抱えて運用するVGA機器」よりも「安心して運用できるQVGA」の方が実用と言う点では遙かに勝ると思う

X01HTにも不満は当然ある

あるけど[es]のそれよりは妥協できる範疇だった

[es]の勝っている部分は
・VGA液晶
・10キー
・関連商品の入手の容易さ
・定額通信の制限のなさ

逆にX01HTが勝っている部分は
・バッテリーの持ち
・無線LAN+Bluetooth内蔵
・デザイン
・着信音量(笑

[es]のどうしても駄目だった点は
・大きさ
・通信速度
・データ通信の不安定さ

逆にX01HTではどうしても駄目な部分が無かった
QVGAも妥協できる(出来ればVGAだけど、実現したとしてもバッテリーの持ちとのトレードオフだろうなぁ)

と言うことで[es]解約完了!

今まで有り難う、そしてさようなら・・・
ZERO3シリーズにはもう戻ることは無いだろう・・・
でもZERO3シリーズの功績は決して忘れない・・・
posted by おち at 17:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29868131
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。