2009年06月21日

T-01A 触ってきたが買ってはいない

買うなら輸入
と言うか輸入を買う
DoCoMo版は絶対に買わない

触った感想は思っていたよりはサクサクではないと言うこと

動画再生の強さは感じるが、それ以外では良くチューニングされたX01Tとさほど変わらないような気がする
UIが違うので、T-01AのUIを移植したら違いははっきり感じることが出来るだろうとは思うが、期待が大きかったのと1GHzというスペックに踊らされた感じ

バッテリーの持ち具合は大いに気になるところだが、最狂のX01Tでも標準バッテリーで頑張れたのでまぁ何とかなると思う

しかし操作性は・・・
閉口・・・

慣れでカバーできるだろうが、PCでもマウス系デバイスの操作を極力しない人なのでしっかりしたハードキーが欲しかった

思い通りの操作ができないストレスは味わいたくない

最近トラックボールみたいなものを付けているデバイス(BBBとか)もあるが、それも厳しい
カチカチ音が鳴ってしまっても良いのでカーソルキーはハードキーで行いたいものである

話は逸れたがA-01Tに関してはiPhoneと同じようなビュワーに特化した端末だが、iPhoneとの最大の違いはオンライン前提の端末ではないと言うこと

動画音楽画像に関してはiPhoneでもオフラインで行うものだが、ローカルにファイルを置いて参照するには上記以外のファイルに関しては基本的にオンラインでの使用になってしまう
地図データしかり、辞書データしかり・・・

T-01Aに関してはOSがWindowsMobileであり、外部ストレージとしてMicroSDHCを利用出来るので、オフラインでファイルを参照できる強みがある

これは思っている以上に重要で、PDAを使ってきた人にとってあまりに当たり前のことがiPhoneでは出来ない

これが出来るメリットは本当に非常に大きいと思う
と言うことで価格との折り合いが付いたところで非茸版を買うつもり
posted by おち at 05:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SmartPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121908599
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。