2009年06月06日

国内非導入端末購入時の選択肢は・・・

個人輸入
販売代理店
ヤフオク

この3つが一般人に出来る主な手段

しかしそれぞれ一長一短もある
個人輸入
そこそこの英語力が必要だし税金等が加算される場合もある
しかし入手は発売とほぼ同時に出来る

販売代理店
割高感はあるが日本語でやりとりできるし保証も初期不良については販売店側で対応してくれるところが多い
もっとも安心できる

ヤフオク
正常に取引が完了する前提で言えば多少の割高感はあるが販売代理店ほどではない事が多い
新品購入時には相手を選ばないと時間がかかったり不誠実な対応をされたりすることもある(自分は無経験)
中古購入の場合は傷や汚れが思った以上にあることもあるが新品のようなこともある
また、周辺機器のオマケが付くことが多く、さらなるお得感もある

他の入手手段については海外在住者に頼んだり海外旅行(出張)時に自身で購入する方法が有るが何時でも誰でも、と言うわけではなく状況にかなり左右される
渡航した際に自身で購入するのが最も安く安全に入手出来るがそうしょっちゅう海外へ行く人は希だろう

自分が執る手段は個人輸入かヤフオク
個人輸入はそのメリットを最大限味わう為なのでここぞと言うときに行う
ヤフオクは型落ちをおまけ付きで安く入手するときに使うが、実際数えるほどしか取引はしたことがない
個人輸入は携帯端末以外にもしているのでそれなりの経験はしているがやはり面倒に感じることも多い

これらの手段を用いてまで入手する意味は国内未導入端末に非常に魅力的に見える物が多く、それらを入手する為である
また国内導入が決まっていても発売前に使える優越感も大きい

国内で入手出来るSmartPhoneは非常に限られており、またそのOSもほぼWindowsMobile一択状態(NOKIA撤退、モトローラが唯一のSymbianOS?)で、端末メーカーもHTCとSHARP、TOSHIBAの3社である
SAMSUNGのOMNIAがWindowsMobileで導入されていれば・・・と思った方も多いことだろう
自分もその一人

しかし海外に目を向けるとNOKIAは元気だしSonyEricssonも非常にスタイリッシュな端末を出しているし、もちろんOMNIAもWindowsMobileだ

これらを選ぶ為にはいくつかのハードルを越えなければならない
人にとってはそれが面倒に感じたり不安要素に感じたりしてなかなか踏み切れない人も多い

そこを超えたところには楽しさの要素がいっぱい落ちている
国内の状況なんか比較にならない

自分はかなり前に勢いで踏み出した
と言うかPocketPC時代には選択肢が国内には無い状態に近かったので必然的に踏み出したわけだが・・・

踏み出そうとしている人が近くにいる
その人の背中を押してみようかな?
posted by おち at 14:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SmartPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。